ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

大和地区宅老所「竹の和」の活動が再開しました!

[2020年6月15日]

ID:539

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

宅老所「竹の和」再開日に訪問してきました!

 こんにちは。北部東圏域担当生活支援コーディネーターの小柳です。

 新型コロナウイルス感染症の拡大により活動を自粛していた圏域内の「通いの場」ですが、全国的な緊急事態宣言の解除を受けて、徐々に活動を再開しています。今日はその中でも、桑名市介護予防・日常生活支援総合事業の「シルバーサロン」に位置付けられている大和地区の「宅老所竹の和」へ訪問してきました。

 約2か月ぶりの開催ということもあり、参加者の方も久しぶりに会う仲間やスタッフとの再会に笑顔がこぼれていました。参加者の方からは「外出しないから体力が落ちた」「疲れやすくなった」との声も聞かれました。「新しい生活様式」の中での開催となり、感染対策は必須となりますが、参加者の方々の健康維持のためにも開催方法の工夫等、代表の方とも話し合いを行いました。大和地区社会福祉協議会の中でも検討するとのお言葉もいただき、ご尽力いただいている地域の方々の頼もしさを改めて感じる時間でした。

令和2年6月2日(火) 宅老所竹の和の様子

竹の和の入り口の写真

※約2か月ぶりの開所!皆さん、集まっているでしょうか!?

竹の和、参加者が集っている様子

※皆さんしっかりマスクをして集まっていてお元気そうです。窓を開けて換気、普段は掘りごたつに足を入れてテーブルの周りに集まるスタイルですが今日は椅子を並べて距離を保っています。感染対策もしっかり考えられています。

地区社協会長の写真

※地区社協会長(宅老所代表)さんです。話し合いの中で「自己チェックシート」の活用を提案させていただくと早速人数分コピーしていただきました。

地区社協会長と自己チェックシートの写真

※人数分完成。早速配布して毎日記録してもらい、毎週火曜日の竹の和開催時に持ち寄り、皆さんで日々の生活をチェックしていきましょう!

地区社協会計さんが地区社協たよりの作成をしている写真

※大和地区社協の役員さんです。機械関係に強く、大和地区社協たよりの作成も担っています。

竹の和 参加者の様子写真

※いつものにぎやかな雰囲気になってきました。参加者の方にとって大切な居場所なんだということを実感します。

竹の和 外の様子(草刈りが行われた後のきれいな様子)写真

※開催自粛前は参加者の方数名とスタッフで竹の和の周囲の草取りを行っていたとのこと。閉所期間中、草が伸び放題になっていることに気づき、5月10日に参加者の方3名と会長さんで草取りを行ったとのことです。住民さんの竹の和を思う気持ちと地域の力を感じますね!

※皆さんにご同意をいただいた上、写真を掲載しております

宅老所「竹の和」について(概要)

宅老所「竹の和」

住    所:桑名市播磨2413-1

開催日:毎週火曜日

時 間:10時~16時(新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から変更となる可能性あり)

代 表:大和地区社会福祉協議会会長 佐藤勝彦 氏